実体験者による少年院の総合情報サイト。少年院入院経験のある管理人の実体験も交え、基本的情報のほか教官や院生同士の人間関係、少年院生活を送る上での裏事情・実態なども徹底解説。少年院の全貌が暴かれます。

少年院を徹底解説!

少年院の情報を網羅!徹底的に解説!

少年院とは?

少年院は、非行(犯罪)を犯した少年を更生させ、健全な社会生活に適応させるための矯正教育を受けさせる施設のことを言います。

大人でいう「刑務所」に近い部分もありますが、少年院の存在意義は、刑務所のそれとは大きく異なります。

刑務所は刑罰であるのに対し、少年院は更生を目的とした「矯正施設」です。そのため、前科も残りません。

日本には、全国で50箇所以上の少年院があります。

少年院とは

初等少年院とは?

初等少年院とは、心身に著しい故障のない、おおむね12歳以上16歳未満の者を収容する少年院のことをいいます。

義務教育が終わっていない少年(中学生)を対象としており、たとえ15歳でも中学校を卒業していれば、基本的に初等少年院に送致されることはありません。

初等と中等の違いは中学生かそれ以上か、といった年齢によるものなので、初等少年院の方が期間が短かったり生活が楽だったりということはありません。

初等少年院とは

中等少年院とは?

中等少年院とは、心身に著しい故障のない、おおむね16歳以上20歳未満の者を収容する少年院のことをいいます。

全国にある少年院の9割以上は中等に対応しており、少年院送致を言い渡された少年のほとんどは中等に送致されます。

中等少年院の期間は11ヶ月または12ヶ月となることが多いですが、比較的長期や相当長期などの勧告を受けた少年も収容されています。

中等少年院に収容される少年の非行事実としては、窃盗・傷害・暴走・ひき逃げ・恐喝・強盗・強姦などが多いです。

中等少年院とは

特別少年院とは?

特別少年院とは、心身に著しい故障はないが、犯罪傾向の進んだおおむね16歳以上23歳未満の者を収容する少年院のことをいいます。

特別少年院の期間は1年間となるのが基本ですが、18ヶ月以上や24ヶ月以上などの長期勧告を受けている少年も多いです。

特別少年院に収容される少年の非行事実としては、強盗致傷や傷害致死、殺人未遂などの重罪行為が多く、少年院への再入者や少年ヤクザなどは収容されやすい傾向にあります。

特別少年院とは

医療少年院とは?

医療少年院は、身体または精神に著しい疾患のある少年を収容するための少年院です。(26歳まで収容可能)
女子収容者の中絶なども、医療少年院で施術します。

医療少年院では少年を更生させるための矯正教育を受けさせるとともに、各少年の身体状況に応じた専門的治療を行います。(教育プログラムと医療プログラムの連携)

国内で最も有名な医療少年院は東京にある関東医療少年院ですが、「医療少年院」と名のつく少年院は国内に4箇所あります。

医療少年院とは

女子少年院とは?

女子少年院という名称は正式名称ではありませんが、一般的に女子少年のみを収容する少年院のことを「女子少年院」と呼びます。

また、少女院、少女苑、女少年院(じょしょうねんいん)などと呼ばれることもあります。

全国に9箇所の女子少年院がありますが、どの施設でも「○○少年院」というような名称は使われず、○○女子学園や○○女子学院、○○少女苑などという名称が使われています。

女子少年院とは

少年院での分類処遇課程について

少年院にも様々な種類・処遇があり、各少年の非行性や犯した事件の重大性などにより、送致される少年院および処遇課程などが決められます。

おおまかに分けると、種別としては初等・中等・特別・医療少年院の4種類、処遇課程としては一般短期処遇・特修短期処遇・長期処遇の3種類があります。

設定収容期間としては、約3ヶ月程度といった短期間から、約2年という長期間での設定期間もあります。相当長期などの勧告をつけられ2年以上の設定期間になることもあります。

少年院の分類処遇課程

少年院生活でのいじめ

少年院内では、院生同士によるいじめが頻繁に起こります。
イジメの対象となる少年は、一般社会の小・中学校などでイジメの標的になるような少年と基本的に同じようなタイプの少年になります。

ただし、少年院ではイジメが発覚するとイジメた側の少年は入院期間が延びてしまいますので、あまり大々的なイジメは行われません。

時々、「掘られたりすることって本当にあるんですか?」という質問をいただいたりしますが、それはまずあり得ないと思います。

少年院生活でのいじめ

鑑別所と少年院の違い

中学生ぐらいから、一部の非行少年は鑑別所に入所したり少年院に入院したりといったことを経験するようになります。

その際によく「鑑別所で済む場合」と「少年院に送致される場合」がありますが、鑑別所は少年院の簡易バージョンという位置づけではなく、矯正教育が目的という施設ではありません。

あくまでも、少年の最終処分を決めるために、少年の非行性や性格、事件の重大性やどれだけ反省しているかなど、少年を様々な視点から調査(鑑別)するための施設となります。

そして最終的に社会での更生が困難だと判断された場合に送致される施設が少年院です。

少年鑑別所と少年院の違い

少年院と少年刑務所の違い

日本の刑務所の中には、「少年刑務所」と呼ばれる刑務所があります。

「少年」という名称はついているものの、収容受刑者のほとんどは20歳以上の成人男性ばかりです。
※対象年令は26歳までです。

年長受刑者と、比較的犯罪傾向の進んでいない若年受刑者を隔離して収容させることで、年長受刑者からの悪影響を受けないようにすることなどが主な目的です。

以上のような理由から、一般的な刑務所に比べて受刑者の更生に力を入れたカリキュラムが組まれています。

少年刑務所と少年院の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
2013/12/13 - ご質問に関するお知らせ

手紙・面会・生活様式・収容期間など、少年院に関するご質問がある場合、今後は少年院掲示板にてご質問いただくようよろしくお願い致します。

お問い合わせや各ページへのコメントなどで、複数の方から類似したご質問を沢山いただくようになりましたので、同じような悩みを持つ方と情報共有が出来るようにするためにも、質問などは今後、掲示板上にて回答させていただきたいと思っております。

お問い合わせバナー

おすすめ商品

サイト内検索

サイト更新通知

更新通知

広告

Copyright © 少年院.com All Rights Reserved.