実体験者による少年院の総合情報サイト。少年院入院経験のある管理人の実体験も交え、基本的情報のほか教官や院生同士の人間関係、少年院生活を送る上での裏事情・実態なども徹底解説。少年院の全貌が暴かれます。

鑑別所と少年院の違い

coincheckの画像

はじめに ~逮捕後から鑑別所入所、少年審判までの流れ~

少年が警察に逮捕されて審判を行うまでの基本的な流れは以下のとおりです。

①逮捕・勾留

②48時間以内に検察に送致

③警察署内の留置場に勾留(10日~25日程度)

④裁判官による観護措置が必要か否かの判断

⑤観護措置(鑑別所送致)

⑥少年審判

以上のような流れになり、鑑別所は⑤に該当します。
少年院は、⑥少年審判の結果、「少年院送致」を言い渡された少年を収容するための施設となります。

鑑別所

鑑別所(正式名称:少年鑑別所)とは、家庭裁判所による少年審判を実施する前に、対象少年の非行性や性格などを「鑑別」するための施設となります。

各都道府県に1ヵ所ずつ(北海道は4ヵ所、東京と福岡は2ヵ所)置かれ、全国に52庁あります。

鑑別所では、専門的な調査・診断を行うことで少年たちが非行に走るようになった原因・動機、また今後どのようにすれば更生できるかなどを、医学・心理学・社会学・教育学・人間科学などの専門的知識や技術によって明らかにしていきます。

この際、外部機関である家庭裁判所の家裁調査官と呼ばれる調査官によって、少年の様々な情報がまとめられていきます。そのため、鑑別所にいる間はこの調査官との面接が複数回あります。

この家裁調査官との面接内容は、少年審判の際に非常に重要な書類になります。
また、審判には家裁調査官も出席します。

そのため、その後の処遇決定(保護観察処分や、少年院送致など)を決めるのに、家裁調査官との面接は大きな影響を受けます。

入所してから処分を決めるための少年審判までの期間は、おおむね4週間以内(最大8週間)となります。ほとんどの少年は25日前後の収容となるケースが多いです。

鑑別の方法

前述のとおり、鑑別所は少年院とは違います。

主に、面接・心理テスト・意図的行動観察などにより少年を鑑別(分析)するための施設です。
具体的な鑑別方法の流れの一例を紹介します。

①面接を行い、少年自身の気持ちや考えを聞くことで、問題の所在を確かめる

②知能や性格、適性等を客観的に把握するために各種のテストを行う

③少年のありのままの姿をとらえるために行動観察を行う

④絵画や作文、貼り絵などを通して、少年に対する理解を更に深める

⑤家庭裁判所、保護者等から情報を収集する

⑥判定会議を行い、討議を経て、少年の処遇方針について結論を出す

⑦判定会議の結果から、鑑別結果通知書を作成する

⑦で作成された鑑別結果通知書は家庭裁判所に送付され、審判の重要な材料となります。

鑑別所としての他の業務

上記のような、少年審判前に少年を一定期間収容することを「収容鑑別」といいます。
鑑別所では、その他「在宅鑑別」「依頼鑑別」「一般鑑別」などの業務も行なっています。

収容鑑別 家庭裁判所の決定により入所した少年を収容して鑑別を行うもの。収容中の生活場面の行動観察、各種心理検査および面接などを通じて知能・性格・心身の状態などの診断、非行原因の解明を行い、今後の指導方針を立てていきます。その結果は家庭裁判所に通知され、処分を決める審判の資料になります。
在宅鑑別 家庭裁判所の依頼により、少年鑑別所に収容することなく鑑別を行うもので、主に各種心理検査および面接などによって行います。
依頼鑑別 少年院・保護観察所・刑務所・検察庁・地方更生保護委員会など、保護関係機関や法務省関係機関からの依頼に応じて鑑別を行うもので、特に刑務所には定期的に担当者が赴いて受刑者の改善指導の共助を行なっています。
一般鑑別 青少年の非行問題に関して、学校や一般家庭の方の相談にも応じています。

少年院

少年院は、警察での取り調べ・被害者との示談状況・家庭環境や交友関係の調査・少年自身の問題性・反省度合いなどの様々な事項をまとめ、最終的に社会での更生が困難だと判断された場合に送致されます。

この際、家裁調査官の調査結果、および鑑別所での鑑別結果の2つの資料が、処分内容の決定に非常に大きな影響を持ちます。

つまり、家裁調査官との面接、鑑別所内での生活態度や心理テストの結果が、少年院に入るか入らないかを決めると言っても良いでしょう。

しかし、少年院は懲役や禁固などの”刑罰”とは全く異なり、少年を健全な社会生活に適応させるための”矯正教育”を行う施設であり、前科もつきません。

鑑別所と少年院は全く異なる施設ですが、少年院と刑務所もまた全く異なるのです。
※少年院と少年刑務所の違いに関してはこちら→少年院 少年刑務所

鑑別所・少年院ともに法務省が管轄する国立の施設であり、両施設とも担当スタッフは法務教官となりますので、少年院生活を送っていると以前鑑別所でお世話になっていた職員が少年院に転勤してきて再会する、ということは割りと頻繁にあります。

鑑別所と少年院の職員のどちらが上ということはないみたいですが、職員としては少年院より鑑別所の方が良いみたいです。

非行度合いがより進んだ少年ばかりを収容する少年院では、そのぶん更生が難しく、問題も多いからなのだと思います。

まとめ|少年院と鑑別所の違い

鑑別所は、少年を社会から隔離した上での矯正教育が必要か否かを判断する施設。
少年院は、鑑別結果などから「社会生活での更生は難しい」と判断された場合に送致される矯正施設です。

以上のような理由から、少年院は各施設によって厳しいところもありますが、鑑別所は基本的にとても快適な生活空間となっています。

職員は優しく、ご飯はおいしく、毎日の生活もかなり過ごしやすい日課になっています。あくまでも、鑑別するための施設ですから。

そのため、身内や彼氏・彼女が鑑別所に収容されてしまった場合に色々と心配になってしまうことがあるかと思いますが、それほど心配しなくても大丈夫だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

  1. 0110

    私も留置所・鑑別所入りました
    少年院にわ行かずでしたが
    でも今保護観察中に何か問題をおこしたりしたら、
    少年院確実だとゆわれました

  2. れのん

    今、自分の彼氏も留置に居ます。
    友達の話しでは即少年院って聞きました。そんな事ってあるんですね。(泣)
    初少年院で1年2ヶ月は辛いけど待ってるつもりです!

  3. ジョニミン

    おれもこの後鑑別所に連れていかれる予定です。
    読んでみてちょっとほっとしました!

2013/12/13 - ご質問に関するお知らせ

手紙・面会・生活様式・収容期間など、少年院に関するご質問がある場合、今後は少年院掲示板にてご質問いただくようよろしくお願い致します。

お問い合わせや各ページへのコメントなどで、複数の方から類似したご質問を沢山いただくようになりましたので、同じような悩みを持つ方と情報共有が出来るようにするためにも、質問などは今後、掲示板上にて回答させていただきたいと思っております。

お問い合わせバナー

おすすめ商品

サイト内検索

サイト更新通知

更新通知

ビットコイン始めました

coincheckの画像
Copyright © 少年院.com All Rights Reserved.