実体験者による少年院の総合情報サイト。少年院入院経験のある管理人の実体験も交え、基本的情報のほか教官や院生同士の人間関係、少年院生活を送る上での裏事情・実態なども徹底解説。少年院の全貌が暴かれます。

播磨学園

播磨学園について

播磨学園は兵庫県加古川市にあり、初等・中等少年院が併設、加古川学園とほぼ共同で運営されています。

庶務課と医務課は加古川学園と共同で運営されるなど、日本初の「総合型少年院」になります。
加古川学園が長期処遇なのに対し、播磨学園は短期処遇の少年を対象としています。

よく「播摩」と間違われますが、正しくは「播磨」となります。摩(手)ではなく磨(石)です。
播磨学園

名称 播磨学園(はりまがくえん)
種別 初等少年院、中等少年院
収容区分
【短期処遇】
短期生活訓練課程(SG)

※詳細は少年院の分類処遇課程を参考。

住所 〒675-1201
兵庫県加古川市八幡町宗佐544
電話番号 TEL:079-438-0340
アクセス 厄神駅から約2.7km(徒歩で約45分)
収容定員 120名
掲示板 播磨学園 | 少年院掲示板

アクセスマップ

教育活動の詳細

◆処遇内容の特色
1.収容少年の生活環境の充実(個室中心、空調設備)
2.最新の建物・設備(バリアフリー、太陽光発電)
3.業務の合理化・充実化(庶務課・医務課は1つの「総合型少年院」)※日本初

標準収容期間 一般短期処遇:約5ヶ月
生活指導 非行態様別指導、集会指導、進路指導、社会適応訓練、集団行動訓練
教科教育 補習教育、通信教育など
職業補導 木工科、ワープロ科、農園芸科、院外委嘱職業補導
保健体育 体育、各種競技、衛生講話(歯科・感染症等)など
資格取得 ワープロ、危険物、小型建設機械など
特別活動 クラブ活動、各種行事、院外教育活動

播磨学園の歴史

昭和24年1月 神戸市兵庫区で開設(鈴蘭台学園)
昭和41年3月 加古川市に移転(播磨少年院)
昭和52年6月 一般短期処遇の施設に指定
平成3年9月 一般短期処遇および特修短期処遇の施設に指定
平成4年4月 播磨学園に名称変更
平成10年4月 播磨学園の加古川学園分院化の試行開始
平成12年4月 播磨学園の加古川学園分院、正式運用
平成16年2月 新営工事完成。新庁舎へ移転完了
平成17年4月 短期処遇の施設から長期処遇の施設に指定変更
平20年8月 一般短期処遇(短期生活訓練課程)の施設に指定変更
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

  1. 少年院.com|管理人

    今後、コメントは原則として掲示板にてよろしくお願い致します。

    播磨学園 | 少年院掲示板

2013/12/13 - ご質問に関するお知らせ

手紙・面会・生活様式・収容期間など、少年院に関するご質問がある場合、今後は少年院掲示板にてご質問いただくようよろしくお願い致します。

お問い合わせや各ページへのコメントなどで、複数の方から類似したご質問を沢山いただくようになりましたので、同じような悩みを持つ方と情報共有が出来るようにするためにも、質問などは今後、掲示板上にて回答させていただきたいと思っております。

お問い合わせバナー

おすすめ商品

サイト内検索

サイト更新通知

更新通知

広告

Copyright © 少年院.com All Rights Reserved.