coincheckの画像

前記事→No.5:留置場実体験2日目 ~簡単な取り調べ~

起床

朝起きると、昨日とおなじくリーウンは既に起きていた。

またもや、布団もたたんだ状態だった。

もしかして根は真面目なのかなと思いながらも、俺も布団をたたんでリーウンと話をしていた。

すると看守が小窓を開け

「今日はこっち(少年)の部屋から掃除スタートするけぇね。139番は8時から検察へ行くから。」

と言ってきた。

そして昨日のように掃除・洗面・歯磨き等を終え、朝食を済ませた。

朝食のあとリーウンと喋っていると、しばらくして刑事からのお迎えが来た。

検察へ送検(検察官へ捜査記録・証拠物件・容疑者の身柄を送ること)されるためだ。

部屋から出て身体検査を受け、留置場から出る前には手錠をはめられ、腰に縄を巻かれる。

そして今までとは1つ違ったのが、警察署内から外に出る場合は、手錠が生で見えないように手にかぶせ物をかぶせられること。

それ自体は構わないのだが、その「かぶせ物」を見た瞬間に衝撃が走った。

この続きを読むには

(残り2,374文字)

ここから先は有料コンテンツです。続きを購読いただくには、「note」に会員登録して記事をご購入ください。現在オープン価格のスペシャルプライスとして料金設定を格安に設定しています。

noteで続きを読む

もしnoteの利用方法がわからない場合はこちら(noteで有料記事を閲覧する方法と会員登録

No.720日間の勾留生活に続く