coincheckの画像

前記事→No.3:初めての留置場 ~身体検査~

勾留室(留置室)へ

身体検査を終えた後は、勾留室(鉄格子で囲まれた生活する部屋)へと連れて行かれた。

「開錠~。」

ここでも開錠というらしい。

「はい、じゃぁ両手を横に上げて~。」

「はい。」

さっき隅々まで身体検査をされたばかりなのにも関わらず、部屋に入る前には必ず身体検査をする必要があるらしく、服の上から全身を触られる。(主にポケットのあたり、ズボンのすそや服のそでの先あたりを重点的に調べられる。)

「はい、OK。スリッパぬいでから入って。」

「はい。」

「トイレするときは勝手にしたらいいから。用を足したら呼んでね。流すから。」

「はい。」

俺は部屋に入った。

この続きを読むには

(残り3,856文字)

ここから先は有料コンテンツです。続きを購読いただくには、「note」に会員登録して記事をご購入ください。現在オープン価格のスペシャルプライスとして料金設定を格安に設定しています。

noteで続きを読む

もしnoteの利用方法がわからない場合はこちら(noteで有料記事を閲覧する方法と会員登録

No.5留置場実体験2日目 ~簡単な取り調べ~に続く