coincheckの画像

前記事→No.14:3度目の正直、鑑別所送致からの4週間

少年審判当日

3月26日。いよいよ審判の日がやってきた。

約4ヶ月間、長かったようでアッという間だった。

弁護士さんの内1人は「逆送になる可能性が高い」

もう1人は「結果予測は何とも言えないが、少年院送致となるよう力を尽くす」

家裁の調査官は「検察官からは刑事処分が相当という意見書が届いているが、家裁の処分で済ませられるのであれば家裁側もそうしたい」

※「刑事処分」とは検察官送致(逆送)のこと。

鑑別所職員は「中等少年院の可能性が高いと思う」

審判結果に関する意見は様々だった。

ちなみに「検察官からは逆送が相当」という部分は、大人で言う「求刑」のようなもの。

検察としては「この少年は逆送にすべき」という意見で、裁判官に対して逆送の処分を下すよう求めることを意味する。

少年審判結果の自分なりの予想

この続きを読むには

(残り5,679文字)

ここから先は有料コンテンツです。続きを購読いただくには、「note」に会員登録して記事をご購入ください。現在オープン価格のスペシャルプライスとして料金設定を格安に設定しています。

noteで続きを読む

もしnoteの利用方法がわからない場合はこちら(noteで有料記事を閲覧する方法と会員登録

No.16少年院送致までの3日間に続く